本文へスキップ
’ここがわからん’は、幼稚園をこれから選ぼうとする皆さんの疑問にくわな幼稚園が答えるページです

トイレができていない

年少組に入園させようと考えているが、トイレができず、一年待つべきでしょうか?

商品イメージ1

[キーワード:でてよかった]

トイレができていないということと、年少組から就園するかか年中組から就園するかということとは、問題が別です。

まず、トイレトレーニングは、暖かい時期(夏)がチャンスですので、試みてください。「おしっこがしたくなったら、教えてね」と伝えましょう。おしっこをしたことがわかるパンツ〜あとが付くもの〜なども、有効です。いきなり、一時的に普通のパンツにはきかえてもよいかもしれません。
もし、うまく「おしっこ」と言えなくても、決して「ちゃんと言ってくれなきゃ、だめじゃない」などの叱責はしないでください。ここがポイントです。「でて、よかったねえ」と、ニコニコしながら伝えてください。「また、したくなったら、おしえてね」とニコニコしながら言います。
おしっこがでてしまってからでも、トイレにいって、座らせてみましょう。少しでも、更に出れば しめたもの です。
これの、繰り返しです。根気とやさしさで進めましょう。

そして、トイレへ行きたくなったら「トイレ」といえるようになると、よりよいですね。「トイレ」といえない場合は、入園時に担任に知らせてください。7月にかけて、上記の試みを担任と一緒にしていきます。

必要以上に神経質になることは禁物です。
少し濡れているだけでも、取り替えたくなる場合があります。個人差もあり個性にもよりますが、気にしすぎるのは感心できません。

まとめ:「でて、よかったねえ」とニコニコと接することで、トイレトレーニングはよい方向へ進みます。