本文へスキップ
’ここがわからん’は、幼稚園をこれから選ぼうとする皆さんの疑問にくわな幼稚園が答えるページです

給食がある?

どんな給食?

商品イメージ1

[キーワード:どれほどに手をかけて作るのか]

月曜日から金曜日までの毎日、給食があります。
幼稚園の厨房で作る手作り給食です。給食室をガラス張りにしたのは、作っているところを見てほしいがためです。調理の様子を見る見られることでその内容に変化があると考えます。
毎日、盛り付けタイプの給食を実施しています。弁当タイプよりも食べるのに時間がかかります (年少組で、片付けを入れて約1時間)。

また、容器は、熱いものを入れても毒素のでないものを使っています。一部の食器は強化磁器を使用していますが、重いのと割れたときの処置の課題から、少しずつ新しい素材に入れかえています。
年少組の後半から、「おとうばん」という役割があります。友達のために食器を運んだりすることで、食の大切さの範囲を拡げながら、より教育的配慮を深めていきます。

まとめ:見える給食。給食は毎日、時間をかけて。